肝斑ができる原因であるメラニンについてお教えします

女の人

メラニンと肝斑の関係

ウーマン

メラニンとは

メラニンとは、色素のことです。この色素は目や皮膚、髪の毛に含まれています。
メラニンは皮膚や組織にある基底層と言われる部分にあるメラノサイトという組織から産生されます。

メラニンと紫外線

紫外線には、細胞内に含まれるDNAを傷つけてしまう作用があります。
DNAが傷つくと細胞分裂や細胞を修復する時に不具合が生じてしまいます。
そこで、紫外線からDNAを守るために、メラニンが生成されます。

メラニンとケラチノサイト

紫外線からDNAを守るために生産されたメラニンは、皮膚が新しくなることで、自然と薄くなっていきます。
しかし、紫外線を浴び続けるとメラノサイトにメラニンを作る命令を出しているケラチノサイトという細胞が司令を異常に出し続けてしまうため、皮膚のターンオーバーで対処仕切れない量のメラニンが生成されてしまいます。

肝斑とメラニン

実は、肝斑の色素もメラニンなんです。そのため、強い紫外線を浴びすぎると、メラニンの皮膚への沈着が進み、肝斑が悪化してしまう原因になりかねません。そのため、肝斑の悪化を防ぐためには紫外線対策をしなくてはならないでしょう。
大阪のクリニックでは肝斑治療と同時に紫外線対策についても指導してくれるところがありますよ。

肝斑とホルモン

では、肝斑の原因はなんなのでしょうか。それは女性ホルモンバランスの乱れです。なぜなら、肝斑は妊娠している人や、経口避妊薬を服用している人、更年期に近づいてホルモンバランスが乱れている人に多いと言われているからです。
そのため、ホルモンバランスを正しく調整することが、肝斑を予防することにつながるでしょう。