肝斑の治療法|肝斑とシミの違いって何?できる原因とその治療法についてお教えします

肝斑の治療法

婦人

従来のレーザー治療

従来のレーザー治療には、ガウシアン型という波長のレーザーが使用されていました。
このレーザーの特徴は、波長の強さに差があることです。
つまり、レーザーの当たる部分によっては、強過ぎる部分と弱すぎる部分ができてしまうということです。
すると、弱すぎる部分では肝斑に効果がなく、逆に強すぎる部分では、皮膚にダメージを与えてしまい、炎症の原因となってしまいます。

最新のレーザー

最新のレーザー治療がメドライトC6です。
メドライトC6が、従来のガウシアン型と決定的に違う点は、波長が均一であるということです。
従来型とは違って、波長に強すぎる部分や弱すぎる部分がなく、すべての波長の強さが均一です。そのため照射範囲すべてに効果的であり、かつ皮膚へのダメージを少なく炎症を減らすことを実現しています。
メドライトC6は、厚生労働省から、国内での使用することの認可を受けた医療機器なので安心して治療を受けることができますよ。

美容効果もある

メドライトC6を使ったレーザートーニングという治療方法は、実は肝斑以外にも効果があります。肝斑のメラニンを分解するだけでなく、肌のキメを整えたり、毛穴を小さくしたりする効果もあるんです。さらには、顔の毛に対する脱毛効果まであるんですよ。

痛みが少ない

従来のガウシアン型の波形を使ったレーザー治療方は、波長の強い部分があるため、どうしても痛みが強かったため、局所麻酔を使用する必要がありました。
しかし、メドライトC6は、その波長が均一のため痛みが少なく、輪ゴムで弾く程度の痛みです。そのため局所麻酔を使用する必要がありません。
痛みがどうしても心配な方は、別途料金がかかりますが表面麻酔といって、透明のゼリーを皮膚に塗るタイプの麻酔があるので安心してくださいね。